日本では高度経済成長期以降、長い間人口の多くが地方から都市部及び都市近郊部に流入してきました。
都市部と地方の機能において、農作物の消費と生産の役割が分断されてしまったことで、近年では子どもたちの食と農に関する知識や認識が低下しており、健康面や教育面で危惧されています。
また、都市農地の宅地化も進み、都市近郊部における田園の風景も徐々に失われ、いたるところで住宅地へと姿を変えてきました。
子どもたちの日常における自然との触れ合いの機会も減少し、食だけでなく動植物の生態系に触れる「あそび」の場が失われてきています。
大相模ガルテンは「はたけ は あそびば」というコンセプトを掲げ、畑というオープンスペースでどのような遊びや活動を生み出し、どれだけのコミュニティを醸成することができるのか実証実験を繰り返し、遊休地や耕作放棄地などのオープンスペースの可能性を最大化することを目的にします。

※コミュニティファームとは、共同で農作物を生産し、体験自体を価値とする農園のこと

ファミリー会員

ファミリー会員

ファミリー会員ができること

  1. 野菜を育てる / 収穫する
  2. 野菜を育てるグループに参加する
  3. 野菜を調理して食べる(要相談)
  4. イベントに参加する
  5. イベントの企画
  6. 1ファミリー 3,000円 / 月額

コミュニティ会員

コミュニティ会員

コミュニティ会員ができること

  1. ファミリー会員ができること×社員分
  2. みんなの畑にグループファームを開設
  3. コミュニティ構築のサポート
  4. イベントの企画・運営サポート
  5. 1コミュニティ 5,000円~ / 月額

法人会員

法人会員

法人会員ができること

  1. ファミリー会員ができること×社員分
  2. 大相模ガルテン内に自社ファームを開設
  3. 自社ファームの管理サポート
  4. コミュニティファーム内での広告協力
  5. コミュニティ構築のサポート
  6. イベントの企画・運営サポート
  7. 1法人 15,000円~ / 月額
  1. 大相模ガルテンの概要
    1)  期間 2022年10月8日 農園エリアOPEN「GARDEN MARCHE」 開催
    ※住宅エリアの土地販売は2022年冬より開始
    2)  場所 埼玉県越谷市大成町1丁目2273「大相模ガルテン」
    東武スカイツリーライン「越谷駅」よりバスで8分(「大相模小学校入り口」にて下車後、徒歩2分)
    JR武蔵野線「越谷レイクタウン駅」より徒歩20分
    3)  内容
    ・大相模ガルテン農園エリアにおいて、会員メンバーともに農作物を共同で生産します。また、会員メンバーを対象に、収穫した野菜を共に食べる企画や勉強会などを定期開催いたします。(会費:1家族 / 月額 ¥3,000、1法人or団体 / 月額 ¥15,000)※初月は利用料無料
    ・広場にて、マルシェやPOP-UP、BBQ、焼き芋会、染め直しなど家族や子どもたちを対象にしたイベントを定期的に開催いたします。
    ・分譲住宅エリアの販売は2022年冬に情報解禁し、販売を開始いたします。(お問い合わせは受け付けております)
  2. 農園エリア概要
    大相模ガルテン農園エリアの利用方法
    ・会員メンバーは農作物の共同生産や共に食事をするイベントに参加することができます。また、イベントや企画を主催することができます。
    ・広場で開催するマルシェやPOP-UPなどのイベントは、会員メンバー以外も参加することができ、地域の方々に幅広くお楽しみいただくことができます。
    ・開園時間内は広場を開放しており、会員メンバー以外の一般の方々もお寛ぎいただけます。※農作物に触れることは禁止しております 開園時間
    夏季6:00〜19:00 冬季 7:00〜17:00
    (平日、土日・祝日も開園)
TOP